2009/02/22

愚かな善意

愚かであることは罪ではないし、善意も罪ではない。
しかし、この二つが組合わせられると、致命的な「痛ましさ」が生まれる。

例えばプルタブ・プルトップ。頭使えば判るよね。車椅子を寄付するのに何が必要か。
資本主義経済で言えば一義的にはお金。材料があれば車椅子が出来上がるなら、車椅子を製造する際の原価のうちどれだけが金属資源だって言うんだ。それ以上を占めるのは、設備と人件費だ。自分も含めて、現代社会に生活している身であれば、自分の給料くらい知ってる。それに、生活にどれだけの金が必要かも。
プルタブは慈善団体に集められて車椅子の寄付に実際につながる例もあるにはある。ただ、そのプロセスは、アルミリサイクル業者に売却して、そのお金で車椅子を購入し、寄付するという形だ。車椅子の製造会社が自身でアルミのリサイクルを行っている例は皆無だろう。
ところで肝心の車椅子の価格なんだけど、実勢5〜10万円。アルミ買い取りはプルタブだろうが缶ごとだろうがキロ30〜50円。たった2tのプルタブ(百万個以上)で車椅子と交換出来るんだからとても現実的だね。まぁ、一世帯で一日10個プルタブを貯めていけば、たった273年で車椅子を寄付出来るし、そんな世帯が3287世帯もあれば、一ヶ月にひとつの車椅子を寄付出来る。人類というのはピラミッドで壮大な計画をやめたと思っていたら、そうでもないらしい。
※元々は取り外し型のプルタブが多く、散乱するのが問題となっていて、それに対策するという意味が大きかったんだろうけどね。

慈善だけじゃなくてリサイクルに良いって?まぁ、確かにあたりに散らかして投棄するよりずっと良い。でも、資源ゴミのうちのアルミのリサイクル率って悪くないんだよね〜。リサイクルってだけなら。

車椅子を送りたいなら、千円でも送金してあげた方が良いだろうし。
リサイクルしたいならきちんと整理して資源ゴミに。
地球環境を考えるなら、プルタブなり空き缶の元になるものの消費を抑えたら良いし、こんな無駄なブログ読んで電力を浪費しない方が良いし、そもそも何かバイトするとかして、寄付するお金を稼いだ方がいいね。

せっかくの善意なら、そのパワーの一部で、それを役に立てる賢さを身につけるべきだよ。俺も、悪意じゃなくて、建設的な善意での提言をしているんだけどね。

あ、こんな風に書いても、伝えたい人には伝わらないってことを理解してなかった。
これぞまさに愚かな善意だね。

0 件のコメント: