2009/04/16

Another versions under another skies, welcome to another heaven.

 物事を気に入る方向性というのはそれぞれだと思う。
 自分の場合にはお気に入りの何かというのは「とびきり」のもので、音楽でも同じ曲を100回連続で聴き続けるくらいはあたりまえで、同じ曲の10の異なるバージョンやアレンジを楽しむのも好きだ。オリジナルのアーティストのものは勿論、他の誰かの同じ曲を聴くのも好きだ。
 本でもそう。同じ物語の他言語の版や、翻案も好きだ。

 同じものを突き詰めて味わい理解するのもそうだが、同じものの異なるバージョンを味わうことで、お気に入りのものについての感覚や理解の幅が広がる。


Another versions under another skies, welcome to another heaven.
異なる空の異なるバージョン、異なる天国への誘い


 今夜は8つの異なる 25 or 6 to 4 を楽しんだ。



 さて、三月からライフスタイルが大きく変わった。一人で生活することと、二人で生活することとはやっぱり違う。
 興味深いのは自分のためには出来なくても、誰かのためには出来ることがたくさんあるということ。それと、自分一人では出来ても誰かと一緒には出来ないこともたくさん。そのトレードオフは良い方向にあるのかどうかは良く判らないが、今はとてもその状況を楽しんでいる。
 最初は音楽を聴いたり、曲を作ったりする時間、それに文章を書いたり、本を読んだりする時間が激減するかと思っていたが、激減したのはむしろだらだらしている時間だった。自分の精神を高揚させるために使っている時間やエネルギーは少なくなかったんだな、と思う。季節が変われば、状況も変わるんだろうけど、良い勉強になる。
 どちらにしても、自分の在り方を歪めることなく一緒にいられる相手といられるってのは良いもんだ。それが永遠ではないとしても。

 こう思うことにしよう。
 どちらにしても人生だって永遠じゃないさ。

 だから、異なる空で異なる自分を楽しむことは大切だ。
 ひとつの楽園が永遠じゃないとしても、異なる楽園だって悪くない。

 おやすみ。

0 件のコメント: