2009/04/14

修行

昔々思ったことを思い出して書きます。

ロールプレイングゲームってあるじゃないですか。
主人公を演じて、物語をすすめて行ったりするやつです。
あれをプレイすると私も含めて10人中9人は(或いはもっと高確率で)
経験値を上げて、レベルを上げて、
良い武器を揃え、高度な魔法を習得し、
より困難な目標に向かって行きます。

主人公の苦しみを本当の意味で味わうことはないのはともかくとして、
自分自身の貴重な時間を使っていることは同じなのに、
何故か現実生活で同じペースで同じことが出来る人間は
10人中一人かそれよりも少ないですよね。
利害という意味では、現実の方がなおさらその恩恵も大きいんですが。

多分、ゲームには明確な目標が与えられてあって、
現実の方にはそれが「与えられて」いないということが理由かと思っています。

さて、自分の人生というゲームに目標をもってプレイしていますか?
それはつまるところ、自分の人生の主人はちゃんと自分自身ですか?という問いになると思います。

ちなみに私の人生と言うゲームの目標は…だらだらすることです。
こんな目標でもちゃんとだらだらするためには、
いろんな経験を積んで良い仕事して食い扶持を稼いだり、
主人公がぐれないようにちょっとした恋愛もしたり、
だらだらしすぎて何もかも失わないように管理したり、といろいろと大変なもんです。
ちゃんとだらだらするためには一定程度の勤勉さや真摯さも必要となるわけで、
かといってあまり勤勉で真摯すぎたりするとだらだら出来ないし。
幸運なのは自分にとっての現実というのは良く出来たゲームで、
今のところ非常に優れたゲームバランスを保っています。
つまり!適度にだらだらしてます。

とだらだら書いて見たんですが、
この話を書いた一番の理由は、
ブログのカテゴリ作って以来、ゲームが少ないな、と思ったもんで、
ゲームに触れる話題を書いただけです。

だらだら。

0 件のコメント: