2010/01/27

Microsoft Windows 7

昨日、業務用の新PCを調達しました。Core2duo 3GHz/8GB/500GB。
スペック自体は以前から使っているものと変わらずまぁまぁというところです。
ただ、前のPCのVistaがゴチャゴチャしてきたので、だいぶすっきりするかもしれません。特に、最近はいろいろな仕事の環境を、仮想マシンとして切り替えて使ったりする都合上、素の環境をごちゃごちゃさせるのはあまり好ましくないわけです。前のPCにはVMware ESXiでも入れて使ってみようかな。

さて、それで肝心の Microsoft Windows 7 の評価ですが。64bit版でも問題なく動いている感じですね。これは当たり前か。あと、メモリもちゃんと8GB認識してますね。これも今時当然と言えば当然か。あ!標準で付箋ソフトが入ってます。他には…。特にないです。

まぁ、ホストOSとしては特に望むところもありません。いろんな作業はゲストOSでやりますし。むしろ…converterで仮想マシンに変換した前のリアルPCが、仮想マシンとして使い物になるのかどうか。それが楽しみ。

自分ではOSに関してはそれほど好みがうるさくないというか、UNIXライクな環境が使えれば問題ないので、WindowsでもPuTTYがちゃんと動いて、IMEがまともならそれでOKです。出来たらMacが良いんですが、WindowsもOfficeを使ったり、VisualStudioやDelphi使えるという面では悪くないですね。

とりあえず Windows 7 にはこのレッテルを貼っておきます。
「無難」

0 件のコメント: