2010/02/22

グインサーガ

 比較的幼い頃から外国文学と親しみ、特に現代に属する日本語作品にはあまり親しまなかったのですが、そんな中でも、唯一長々と読み続けていたのは栗本薫のグインサーガでした。それほど熱狂的なファンでもなかったし、正直なところ作者と作品の持つ独特の悪ノリ感はあまり好きでもありませんでしたが、そのこと以外では十分に満足するべき作品でしたし、少なくとも一年間に数百円〜数千円程度の出費で楽しむには十分すぎるほどに優れた作品でした。
 そう。何故今まで語らなかったのかは自分の中でも不分明ですが、もしかして「でした」という表現を使うことに苦しさを感じたからかもしれません。文庫本で130巻。ペリーローダンシリーズのように複数の作者によって書かれた作品であればともかく、単一の著者によって書かれた小説としては最長か、或いはそれに類する長さではないでしょうか。ギネスブックは「単一の書籍」ではないという理由で認定はしていませんが。
 思えばグインサーガを読み始めたのは、確か小学5年生の頃です。その頃の自分は、手頃なミステリーを読み尽くして、アジモフやハインラインのSF小説に夢中でしたし、そして、コナン(名探偵じゃないよ)や指輪物語にも夢中でしたから、グインサーガは現在進行形で楽しめるファンタジー小説としてはとびきりのものでした。
 中学生だった頃の印象は、その頃読んでいた、マキャフリーのパーンの竜騎士に近いSFとファンタジーの交錯する世界観だな、と感じていたものです。そして高校時代から大学時代を経て、自分なりに多忙な20〜30代を経て、今40歳という年齢に一歩近づいてみると、小学生の頃から現在まで絶えずに続いているものなんて、両手の指ほどしかなくて、その中の一つがグインサーガだったんだなと思うわけです。

 読んでいない人は知るべくもないでしょうが…グインサーガの中の出来事を思い出すと、いまさらながら、自分自身のそのときを一緒にページの中から引っ張り出す思いです。昔は良かったとか、思い出したくない、とかではなくて、ただ、痛みを感じるのです。後悔と呼べるほどの重みがあればまだましですが、どちらかというと羞恥心に属する感傷を、ね。



good midnight.

0 件のコメント: