2010/03/07

DragonAge: Origins

こんばんは。
先日ダウンロード版を購入したMac版の DragonAge: Origins ですが、偏頭痛にへこたれずとりあえずインストールして少しだけプレイしてみました。

 ゲームの内容的には、オリジナルルールではあるのですが、D&D的という感じです。まぁ、開発がBioWare(Baulder'sGateの開発元)なのでさもありなんという感じです。グラフィックは所謂アニメ調じゃなくて自分的には好感が持てます。進行は会話に結構な重点が置かれています。読み書きはともかく、英語の聞き取りがそれほど得意でもない私がプレイしていても、それほど抵抗はない感じです。ただ、字幕が出るのは会話中の最後のセンテンスだけなので、明確に英語の聞き取りが苦手という方は楽しめないかもしれません。ある意味聞き取りの訓練にもなるかとは思いますが。
 人間のローグでやってるんですが、辺境の領主の息子みたいな設定で、ストーリーに従ってチュートリアル的に簡単なクエストをこなしているうちに、あれよあれよという間に…親しい人々が死んで行きます…。
 自分本人だったらここでぐれて旅に出るところなのですが、主人公は父を失いながらも、暗い時代に立ち向かうべく修行の旅に出るわけです。

 今日は偏頭痛が酷いので、修行の旅の冒頭、GreyWardenという戦士集団への入団試験を…プレイしているあたりで終わっておきました。

 ストーリーが濃いので気軽に楽しむという系統ではありませんが、インタラクティブな映画を見ているくらいの感じです。

0 件のコメント: