2011/07/04

七月

7月になったのは薄々気付いてたけが、故郷の祭りの季節の足音を思い出した。きっかけは夕闇の残照のような君の面影。
地元の祭りは元気なお祭り騒ぎではなく、少し物悲しいような雰囲気。祭りが終わると故郷の夜は途端に秋で…語り尽くせぬ君と僕がいて。
夕闇。
.

0 件のコメント: